Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://germagel.blog.fc2.com/tb.php/6-b1d1ae43

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アトピー性皮膚炎に界面活性剤がよくない理由


食器を洗う洗剤に界面活性剤が使われているのを知っている人は多いと思います。
油分を含んでいて水だけでは落とせない汚れを、
水と油をなじませて落としやすくする役目をしているのが界面活性剤です。

界面活性剤は、日常で私たちが使用するほとんどの洗浄剤に使われています。
石鹸やシャンプーなどで皮膚を洗った場合にも、油分の汚れが落ちるだけでなく
皮膚の皮脂も、界面活性剤の作用によって落とされてしまいます。

皮脂膜が落とされてしまうために、バリア機能も壊され、
角質層の水分も蒸発してしまうことにより、乾燥が進みます。

さらに外からの刺激にや異物に対して守られる事ができないために、
かゆみがおこります。また、クリームや乳液などの化粧品も、
油分と水分の両方が使用されているため、界面活性剤が配合されています。

アトピー性皮膚炎の人にとっては、
界面活性剤が使用されている石鹸や化粧品を使う事は
さらに乾燥をひどくしてしまうことになるのです。

アトピー性皮膚炎でなう止んでいる人には、界面活性剤を使用していない保湿剤、
アクアゲルマジェルをおススメします。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://germagel.blog.fc2.com/tb.php/6-b1d1ae43

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。